StartSSLで証明書とった

SSLでWebDAV使いたいけどオレオレ証明書だと面倒
かと言って激安SSL証明書を取得する程でもない

ということで無料のStartSSL証明書取りました
人間からメール来るみたいなこと書いてあったけど全部自動で認証されたし、今現在使ってる環境では証明書入ってるので警告も出ずに問題なし
ただ期限が1年で更新面倒だなとか思うようになったら8ドル/年のRapidSSLあたりにでも変更します

賃貸契約のオプションは全部外せ

敷金礼金無料!!!仲介手数料0.5ヶ月分!!!とか主張してるところは大抵鍵の交換費用や室内洗浄費用、サポート料金みたいな意味不明なオプション盛りだくさんにして請求してきて結局敷金礼金と同レベルになることがほとんどだと思いますが、電話して「これは強制なのか?それとも任意なのか?任意ならば解除してくれ」って言えば解除してくれます。
このオプションを外されるとこちらからの対応が何もできなくなりますみたいな話とかされると思うけど、金を払ってもまともなサポートはしてくれないので無視しましょう。
ネット契約も契約するのが当たり前みたいな感じで話を持って行かれますがゴミのようなISPにほんの少しのキャッシュバックしかもらえないのでkakaku.comとかから自分で申し込んだほうが得。
ごねられたら管理会社とか家主とかに確認しますよみたいな感じに言えば大抵通ると思います。

Garageのfantoni GT/GLを買った

一年半以上前に下書きしてすっかり忘れてた記事です。

以前からPC用デスクを新調したかったのですが、買っちゃいました。
購入したのはGarageのfantoniシリーズで、fantoni GT/GLのW1600 × D900サイズの天板GLの昇降可能なT脚の組み合わせです。
あわせて49140円。

これにたどり着くまで2chやBlog、店頭などにも行き色々と見て回りました。
オフィス家具の中古は非常に安くかつ頑丈だったんですがあまりにも大きすぎたり、奥行きが狭かったりとジャストサイズの製品がない。
イトーキのINFUSEとかも実際に触ってみていいなーなんて思ったんだけど、奥行きが650はさすがに狭すぎる。

そんなことを色々と考えた結果、どうせ5年程度で買い換えるんだからということでGarageのfantoniに決定。
本当は1800×900サイズが欲しかったんだけど、部屋の事情で幅は1600までしか入れられなかったので諦めました。

サイズや剛性は満足だったんだけど、角の部分が角張っているので肘や腕がちょっと痛くなるのが不満点。
耐水性に関しては普通に使っている分では天板がめくれ上がってくるとかはないけど、机の上で食事や水をこぼすとかはしてないので細かいところまではわかりません。

それと組立が大変だという意見をたまに見かけるんだけど、奥行900の天板だとレールがネジ止めされた状態で届くので腕が痛くなったりってことは無かった。

ここまでが一年半前に書いた記事です。
以下一年半利用してみた感想。

・防水性について

防水性があまりないということを聞いていたので水滴のついたコップを机の上に放置するとかそういったことはやっていないのでそれほど参考にならないかもしれないけど、ある程度の飲食をしたり、風呂あがりに使ったりする程度では何ら問題ナシ。

・傷とか

傷、驚くほどつきません。プラスドライバー落としちゃってあー、これはさすがに傷がついたかって思ったんだけど傷つかず。

・文字を書くにあたって

書けなくはないけど、表面が凸凹してるので筆圧をちょっと強くすると紙が破けてしまう。直接紙をおいて文字を書きたいのであればおすすめはしない。

もっと金をかければいい机が買えるんだろうけど、24インチモニター3台をモニターアームで固定するとかそこら辺の用途ではコストパフォーマンス的にはいいと思う。
5万円前後でそこまで高くないし、買って後悔はしないと思う。ただ、どこかに持って行くとか考えると送料がきつい。

G600r買ったよ

MMO、というかFF14をやるために買った。
パッドでやっても問題ないし、キーボードよりも使いやすみたいな意見を見てやってみたんだけど視点操作はやっぱりマウスがいいのでキーボードとマウスのセットに舞い戻り。
で、そうなると左手はWASDなんで右手でアクションの発動とかはしたい。
G700sも使いやすいんだけど絶対的なボタン数が少なくてきつい。

のでG600r買いました。

感想
・有線マウスの中では重量があるけどG700sと比べれば軽い軽い
・Gシフトの反応が遅い
・ロジクールのソフトウェアの出来が悪い
・カラーでプロファイルが分かりやすい

こんなかんじです。
ハードウェア的には満足できるけど、ソフトウェアがひどい。

フレッツ光の回線終端装置とルータ一体型への変更は1万円かかる

タイトル通りです。
以前まではONUとルータは別々だったわけだけど、いつ頃からか一体型が出てきた。
Bフレッツからフレッツ光ネクストへ乗換えれば一体型になるかなとも思ったんだけど、相変わらず。
場所もとるしコンセントも邪魔だったので一体型への交換をしたかったんだけど引越しなんかじゃないとダメらしい。

が、最近ネットで調べるとこんなページが

Q.設置スペースの関係上、回線終端装置と一体型のひかり電話ルーターに変更したいのですが、可能ですか?

A.お客さまより変更のご要望をいただいた場合、交換いただけます(工事費は別途発生する場合があります)。
交換をご希望の場合は、お手数ですが下記フリーダイヤルまでご連絡ください。

設置スペースの関係上、回線終端装置と一体型のひかり電話ルーターに変更したいのですが、可能ですか? | フレッツ光のよくあるご質問 | NTT東日本 | フレッツ光

いやいやもうその通りですよ、邪魔なんですよ。
工事費がかかるという点が気になったけどとりあえず電話しましたよ。
結果はお値段11000円とのお返事。
ちょっと高すぎませんかねこのお値段。工事といってもONUのケーブルを引っ張りだしてまた刺すだけの工事なはず。
屋内工事で穴を開けるわけでもなく1万円ってきつすぎる。
もちろん人を派遣して工事してという話だからこのくらいかかるのは理解出来るわけですが、一体型になる以前から使っている、つまり長期契約者に対して高額な工事費の支払いを要求するのはどうも納得がいかないんですよね。

Bフレッツからフレッツ光ネクストへの契約変更も普通に手続きをしてしまえば25200円かかってしまう。
(一旦フレッツ光ライトに乗り換えてから、ネクストへ契約変更すれば工事費は無料、ライト時にちょっと高くなるがせいぜい数百円程度で収まる)

既存の、長期の契約者に対する割引サービスってもう少しあってもいいと思うんですけどね
そりゃ、安くないのに長期契約してるってことは企業にとって鴨なわけですけど

オープンサーキットと契約しました

最近、夜になるとOCNの回線速度低下が著しい。
日本国内のサーバーであればまだ30Mbps程度の速度だが、海外のサーバーともなると3Mbpsも出ない。
アップロードも10Mbps程度でとても使えたものじゃない。
しかも、30GB/dayのアップロード制限もありBitcasaなどのサービスが使いにくい。

ということで、とある界隈には割と有名だと思われるオープンサーキットに乗り換えました。
ここは少し前までは固定IPのプロコースを契約すると帯域制御が殆ど無く、アップロードの制限なども無かったんですが、あまりにも帯域を専有する方がいるらしく最近固定IPコースでも帯域制御を行うとの発表をしました。
ただ、新帯域制御のリリースを見る限り他社に比べて制限はゆるく、OCNのようにアップロードの総量規制等もないので、常に高速通信を行うような用途でなければいいんじゃないかなと。

で、新帯域制御が始まると一般コースとプロコースとの違いは固定IPか否かだけになるので(問い合わせ済み)、自宅サーバーやVPNを使いたいみたいな人以外は一般コースがいいんじゃないかなとのこと。
問い合わせへのレスポンスも非常に早く、料金もそこまで高くない、最低利用期間は設定されているもの違約金等はなく、一般コースの場合初期設定利用料金の1575円と月額料金の1260円をとられるだけとのことなので早速契約。

スピードテストをした感じでは、日曜昼間ではOCNのトップスピードよりは劣るが十分実用的なping、速度でした。
speedtest.netでPing 17ms、ダウンロード175Mbps、アップロード36Mbpsです。
スピードテスト結果
とりあえずOCNと一ヶ月ほど併用して、スピードテストなどもしていく予定です。

SBSettingsでセーフモードに入ってしまう問題の解決策

iOS 6.1 iPhone 5の環境において通知センター上のSBSettingsのMoreをタップするとセーフモードに入ってしまう現象に悩まされてたんだけど、どうもZephyrとの競合だったらしい。
Zephyrの設定の‘Notification Center(iPhone)’を無効化すると落ちなくなる。

無制限バックアップサービスの選択肢

自宅でミラーリングしてかつバックアップを定期的に保存していても火事や津波なんかに巻き込まれてしまえば意味がない。
そこで登場するのが無制限のバックアップサービス、PC内部の全データを外部サーバーに保存しておけば全てが壊れてもデータは無事。
なはずなんだけど、無制限バックアップサービスはいくつかあってどれを選べばいいのか分からなかったのでちょっと調べました。

Backblaze

最近ソースネクストが代理で販売し始め、バックアップサービスの中でも割と有名だと思う。
アップロード速度も40GB/dayくらいでるし、フロントエンドもわかりやすくていい。
追加料金を支払えばバックアップデータの入ったファイルをHDDやUSBメモリーに入れて郵送してくれるサービスもある。
さすがに数テラバイトのデータをダウンロードするのは時間が掛かるし、すぐに欲しい大容量ファイルがあるかもしれないのでこれは非常に便利。

なんだけど、実はこのサービスはアップロードできるファイル数に制限がある。
Backblazeを稼働させるとbzfileids.datってのが生成されて、これにはファイル管理用のIDとローカルのファイルのフルパスが記録されてるんだけど、このファイルの容量が1GBを超えるとバックアップが停止する。
バックアップを再開するためにはバックアップするファイル数を減らして、datファイルの容量が減るように対処し、その後新たにバックアップを再開しなきゃいけない。
つまり、今までバックアップしたデータは全て消去される。
これは明示的に示されてるものじゃないし、Backblaze側も制限しようとしたわけじゃない(と思う)
でも、これはひどすぎる。ファイル数を減らしたあとにまたそのまま再開できるってなら手違いでlogファイルをバックアップしていたなんて時にも安心できるんだけど、またやり直しってのはきつい。
それに、せっかく容量を気にせずバックアップできると思ったら今度はファイル数の心配って馬鹿らしい。

CrashPlan

一見非常に良いサービスに見える。フロントエンドの言語を日本語にすると文字が見えなくなるってバグはあるけど、バックアップするフォルダや、アップロード速度を数値で指定できたり、いろいろと便利。
無制限の世代管理もできるし、10台までバックアップ可能なプランを4年契約で月額10ドルという激安プランもある。
それと、日本では関係ないけれど米国内限定(あとは米国の基地)でHDDでバックアップデータを送付してくれたり、HDDを送りつけるとデータをコピーして高速バックアップができたり、かなり便利なサービスがある。
いやもう至れり尽くせりじゃないかって思って一度は4年契約をしたんだけど、途中でなぜかバックアップが停止しちゃって、OSのクリーンインストールとかをしたんだけど解決できなかった。
環境によるのかもしれないけど、環境によって停止するバックアップサービスは使えないので個人的に無し。

Bitcasa

最近ベータがとれたサービス。
正確に言えばバックアップサービスとしては売り出してなくて、無限の容量を持つドライブとして売り出してるんだけど、どっちも変わらない。
アップロードも15Mbpsとか出るし、ダウンロードの方も2Mbpsくらい出る。
ただ、全体的に不安定。Webからのアップロードはよく失敗するし、使いにくい。
なによりも、サービスが開始されてから間もないので信頼性があまりない。

総評

というか、数TBのデータをバックアップして、そして現実的に復元ができるって点で見ればHDDでバックアップデータを送付してくれるBackblazeしか選択肢がない。
それ以前に、数TBのファイルをオンラインでバックアップするってのが間違ってる気がしないでもないし、契約しているプロバイダがOCNなんで30GB/dayのアップロード制限があるのでいろいろきついことに気がついた。

ほしい物リストからプレゼントしたら本名はバレるのか?

さて、年末年始といえばTwitterやブログなどでほしい物リストを公開し乞食をする時期です。
ほしい物リストを普通に公開すると本名と都道府県がバレることは周知の事実で、対策もググればすぐに出てくるわけです。

しかし、送り主の個人情報はどうなるのか?
女装グッズテロなんかを敢行した上、本名とTwitterアカウントが関連付けられるなんて目も当てられない事態なわけです。

ググっても確かな情報はわからないのでAmazonに問い合わせてみました。
で、返ってきたのはこんなメールです。

ほしい物リストから商品をご注文いただいた場合、贈り主の方の住所は表示されませんが、ギフトオプションを設定しご注文を進めると贈り主としてお客様のお名前が配送ラベルに表示されます。そのため、お届の際に贈り主の名前を表示させない場合には、ギフト設定をせずにご注文を進めいただければと存じます。

なお、上記の方法にてご注文いただきますと、配送ラベルに差出人名が表示されないため、お届け先で商品をお受け取りいただけない場合があります。そのため、お受け取りいただく方へ事前に連絡することをおすすめいたします。

つまり、他人のほしい物リストから普通に注文した場合には差出人名はバレないが、決済途中にあるギフトオプションを設定してしまうと本名がバレてしまうということらしいです。
もうね、これは何とかして欲しい。
誰かにプレゼントするんだからギフトオプションを選択して一言メッセージを添えたりする人も多いと思うんですよ。
けど、この設定をしてしまうと本名がバレてしまう。

最後に、これはあくまで現時点で”問い合わせ”の結果です。
突然仕様変更がされる場合も考えられ、本当に個人情報を漏らしたくない場合は規約違反な気がしますが架空の名前で登録し、ギフト券などを利用して注文するなどの対策なんかも有りかもしれないです。

そういやウィッシュリストって呼ぶ人も多いっぽいですね。

SE535LTDを衝動的に買う

IYHです、はい
試聴もせずに遮音性がいいとの情報と、ネット上での評判を元に買っちゃいました。
41300円のポイント一割です。

うおおおおおおおおおおおおお、高すぎだろおおおおおおおおおおお
なんでこんなことになったのか、10Proも安くなったなってことで試しに買ってみるか迷ってググったりTwitterで検索したのがまずかった。
「電車とかで使うならSE535の遮音性が高くていいよ」
早速ぐぐってみるとなかなかの人気、BA型でこの価格帯なら一番いんじゃないというコメント
価格も4万円と別に買えないレベルじゃない
ってことで買っちゃった……

以下いろいろ

  • 音に関しては特に拘ってないので言及できないんですが、遮音性はいい
  • L字プラグなのでiPhoneとかに直差しするときはケースの厚みに注意
  • SE535のケーブル長は162cm、対してLTDは116cm。116cmという長さは非常に使いやすい
  • ケーブルの結合部が回転するのでねじれにくい。便利。