Kindle PaperwhiteとKindle Voyage

Kindleの30日返金キャンペーンが行われていたので気になっていたPaperwhiteとVoyageを購入。
どちらも試しに利用してみた結果として購入するほどでもないという結論に至った。

Paperwhite

バックライト無しの状態での電子書籍の読書はそれなりに快適だった。
e-ink採用により電池持ちは非常に良く、またSNSやRSSなどの誘惑もないためスマートフォンよりも読書に集中出来る点などは良かった。
ただ、筐体重量がそれなり(215g)にあり、物理ボタンも無い。画面もそれほどきれいではない。

Voyage

重量も軽く(180g)、ppiの高さや色味の白さにより快適に読書が出来る。
また、物理キーの存在が非常に便利で指先を押し込むだけでページを読み進めることが出来る。バイブによるフィードバックも適度に心地よい。
気になる点としてはそのバイブによるフィードバックが右手側の方が左手側より弱く感じる点や、物理キーの割り当てを変更出来ない点、などがあるけれどほとんど問題にならない。
ただ、一点だけどうしても我慢ならないことがあり、それはフロントライトの問題によるものなのか色ムラがあり上部と下部で色が違い、上部が汚く見える。この点はAmazonでのレビューでも既出の問題であり、未だに直っていないということはロットが進むことによる改善はあまり期待出来ない。
フロントライトを消してしまえば問題ないがそれではVoyageの大きな利点の一つが失われてしまう。
この色ムラさえなければVoyageは”買い”であり、返品せずに使い続けていたので非常に残念。
どうやらこの色ムラは初代Paperwhiteでも問題にされていたようで、次のモデルで改善されていることを祈ります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*